夏服メンズ!派手なストリート系を目指して失敗するのはココだ!

圧倒的な清潔感!スプートニクスの人気コーデをみてみる

 

 

夏服メンズ!派手なストリート系を目指して失敗するのはココだ!

 

夏服メンズコーディネートって簡単に言えて難しいのかな・・・飲食店で働いているのですが、その仕事先の店長のファッションがすごくダサいんです。店長は30代の男性で背も180p以上あり顔も結構イケメンですが、彼女が出来ない、合コンへ行っても全然相手にされないといつも嘆いています。仕事先は制服があるので普段のファッションが判らない分、女性客にはモテモテですからファッションセンスを磨けばもっとモテるのにな、と不思議に思います。

 

そんな店長のモテるメンズファッションは、例えるなら「勘違いしたサイケデリック」です。帽子は赤、トップスは青、ボトムスは緑にシューズは黄色でバッグは白でしかもそのどれもに柄が入っているので、柄&柄の上に非常に目がチカチカします。一目見たら絶対に忘れられない位衝撃的で、似合っているならいいのですが、店長はどちらかといえば和風な顔立ちなので全く似合っていません。

 

店長は特に夏服メンズコーデで「派手なストリート系」が好きなようで、原色の服や小物ばかりを持っているようです。しかしファッションに4色も5色も使うとなると結構難易度が上がるもので、一歩間違えればとんでもない恰好になってしまいます。一度仕事先の皆と居酒屋へ行った時も、他の席に居た女性客の方が「あの男の人、顔は良いのに服がやばいよね」「毒キノコみたい」と噂しているのを聞いてしまった事もあります。こういう夏服メンズファッションのセンスをしている人と街を一緒に歩きたくない、という気持ちは痛い程解りました。

 

夏服メンズの着こなしで派手といっても、上品な派手さと下品な派手さがあると思います。例えば帽子は青の柄入りキャップ、トップスは白で柄入りTシャツ、ボトムスは黒の無地カーゴパンツかジーンズ、シューズは白の無地メンズスニーカーにバッグは青の無地リュックといったように、最低3色までに抑えれば大人っぽさの中にも派手さも出ていいのにと感じます。ポイントは柄を入れるなら2点まで、です。全身柄物ではバランスが悪いですし、それならば小物やトップスにだけ柄を入れると、無地のボトムスやシューズと相まって上品さも出てくれます。それに30代のストリート系メンズファッションならば、こういったようにある程度落ち着きがある方が、もっと長身や顔の恰好良さを引き出してくれるでしょう。

 

メンズスタイルの人気コーデをみてみる