秋服メンズ!30代なのに中性的なファッションは危険な理由。

圧倒的な清潔感!スプートニクスの人気コーデをみてみる

 

 

秋服メンズ!30代なのに中性的なファッションは危険な理由。

 

秋服メンズ!中性的な美少年が、30代以降もそのまま美青年に成長するケースはとても珍しいもの。イメージで例えるとGACKTですが、かなりハードルが高いことを知っておきましょう。まずは秋服メンズトップスです。薄い生地や光沢のある生地のシャツを、鎖骨まで見えそうにボタンを開けて着るのはダサいです。例えブランド品でも、30代だと不潔でだらしなく見えている可能性が高いです。痩せていれば貧相で女々しくなりますし、胸毛が見えていればナルシストに見えます。ボタンは必要以上開けないで!また、ホワイト系のトップスは、乳首が透けていないか気をつけて下さい。居酒屋に行くとたまに遭遇する、上着を脱いでビジネスシャツから乳首が透けているサラリーマンのようです。

 

次に秋服メンズボトムスですが、ぴったりした黒ジーンズやダメージジーンズは控えましょう。30代の男性が履くデニムは、ブラックよりも清潔な藍色がおすすめ。ヘタっていたり、穴が開いていないシンプルなストレートが一番小ぎれいです。私服だからといって、シルバーアクセサリーやチェーンも控えましょう。ロッカーがオシャレなのは、せいぜい20代前半までです。似合っている可能性は低く、この人ちゃんとした正社員なのかな?と思われているでしょう。最後にベルトと靴についてですが、帽子もバックもベルトも靴も、全部を黒もしくは茶色にするよりも、どこかに「はずし」を入れましょう。こじんまりとまとまり過ぎると、秋服メンズファッション感覚が安易で単純な人というイメージになってしまいます。私が素敵だなあ、と感じる30代男性の私服ファッションを挙げてみます。

 

品質の良いプレスされた秋服メンズシャツ、またはノーアイロンでもシワのつかないネルシャツ。藍色がきれいなストレートデニム。ベルトと帽子、バックの色は茶色で統一しているけれど、靴だけは黒。ちなみに30代の男性に、アクセサリーは基本的に必要が無いと思います。つけるなら、ブレスレットや指輪よりもネックレスが一番無難。シルバーやゴールドではなく、皮紐が良いです。

 

写真掲載が豊富8000コーデ以上!メンズスタイルの人気コーデをみてみる