30代メンズ私服!それはないだろアラサー男性ファッションw

 

 

 

 

30代メンズ私服!それはないだろアラサー男性ファッションw

 

12月中旬。本格的な冬の寒さが続く中、年末に向けてイベントが多く、外出する機会が増える方も多いのではないでしょうか?キラキラとしたイルミネーションに彩られた街の様子が目に入ると、自然と足取りも軽くなるもの。特に女性は、クリスマスのデートに女子会など、色々な準備に大忙しのことでしょう。そんな中、今回は皆さんがひょっとしたら今後デートするかもしれない?!30代メンズ私服について、筆者が日々疑問に感じていることを赤裸々に書いてまいります。『それっておしゃれ?!マフラーでもストールでもない謎の“布”!』おわかり頂けますでしょうか。彼らの首元に巻かれているそう、あの“布”です。なぜその色?何でそれ買ったの?どういう目的で巻いてるの?捻ってるけど、何のために?謎の布を巻いて現れるアラサー男性に遭遇するたびに、筆者の脳内は前述のような疑問で溢れ返るのです。ピンとこない方のために補足をすると、「西麻布界隈に住んでます、お金?それなりに持ってるよ」という成り上がりIT関係者風の方、と言えばもう少し具体的にイメージが沸くのではないでしょうか。もしくは「よく遊ぶところ?恵比寿が多いかな、あとはなんだかんだ西麻布かな」というようなマスコミ関係者風な方でもわかりやすいですね。

 

どちらにせよ、出没場所が西麻布というところがポイントです。30代メンズ私服「夏も冬も、Tシャツだろうとニットだろうと俺は巻く!これが俺!俺ファッション!」と言わんばかりに、彼らの首元にはいつ何時でも、もれなく“それ”が巻かれております。そのアイテムには、ご本人が内に秘めた“俺スタイル”へのこだわりが凝縮されており、オーソドックスとは真逆の、それはそれはぎらついた輝きを放っているのです。強い・・・・・・強すぎます、“俺”の圧がっ!!彼らのような“巻物族”を目の当たりにすると、筆者の中には「この人の首そのものを見る機会は果たしてこの先訪れるんだろうか」という、日常生活ではまず思い浮かばないであろうおかしな発想が生まれ、なんとも言えぬ気持ち悪さを感じるんですね。30代メンズ私服というのは人の内面も表れるもの。仕事にも慣れ遊びも経験し、世間で言うところの“いい感じ”真只中のアラサー男性に対し声を大にして言いたいのは、「やっぱり、清潔感がいちばんよね」ということです。みなさんも気になる男性の首元、観察してみてはいかがでしょうか。

 

メンズスタイルの人気コーデをみてみる