社会人男性の私服に相応しいファッションは無地、素材、フォルム重視

 

 

 

社会人男性の私服に相応しいファッションは無地、素材、フォルム重視

 

社会人男性の私服ならブランドショップに足を運んだり、雑誌の記事を参考にしてファッションの研究がいくらでもできますよね。私なら、自分で研究すれば?と突き放します。学生ならばアドバイスしてあげますけども、社会人ですからファッションに無頓着でも十分な見識は持っているはずです。例えば、ランチをご馳走してくれるのならば食事の時間に私の好みを伝えちゃいます。まず、社会人男性の普段着のパンツはジーンズは禁止です。ジーパンというのはアメリカの労働者階級が着る作業着から始まりました。現代の日本には中学生から大学生、無職に至るまでが十人十色の着こなし方でジーパンを履いています。モデル並みに脚が長い男女であれば、見ている他人も気分が良いものですけど、大抵は胴長短足の日本人がジーパンを履いているのです。

 

社会人男性の私服にもなれば学生と同じ格好をしていては恥ずかしいですね。奥さんや彼女、共に歩く女性まで恥ずかしい思いをしてしまいます。既婚者であれば、奥さんのセンスが疑われてしまいます。なので、パンツはジーンズよりもチノパンを選んでほしいですね。トップはチェック柄のシャツなんていけません。いくらカジュアルな場であれども、ジャケットやセーターはカジュアルブランドのものを選んでほしいです。ポイントは無地のジャケットと無地のセーターがお勧めです。無地でも無印の衣類を着ていては、ユニクロと変わらないステレオタイプに見られてしまいます。もっとも大事な靴はもちろん磨かれた革靴でないといけません。この時つま先が尖っているタイプは奇をてらってしまうし、極端丸みのあるタイプは高齢者をイメージしてしまいます。せっかくの社会人男性の私服が台無しになってしまいますのでつま先は程よい角度の革靴を選ぶとノーマルなタイプだと信用されやすくなると思いますよ。

 

メンズスタイルの人気コーデをみてみる